『東京凹凸散歩 荷風にならって』

「足を前に出せば一緒に気持ちも前に進み、帰宅したときには別の自分になっている。散歩は家からの逃避であり、自分への景気づけであり、みそぎでもあった」

妻に逃げられ様々な憂鬱がのしかかるなか、そののどかな文体がかえって異様さとおかしみを漂わせる荷風の『日和下駄』。

その心情と足跡をたどりながら実際に凹凸の街、東京を歩いた散歩エッセイ『日和下駄とスニーカー』が、内容を更新して復刊されました。

荷風の目に映った東京と著者の目に映った東京。何気なく見過ごしている私たちの東京が、重層的な姿を現します。

私たちも、迷い歩きたくなる一冊です。

『東京凹凸散歩 荷風にならって』大竹昭子/亜紀書房

Pebbles Books

Pebbles Booksは、文京区小石川の千川通りから住宅街へ入った、一軒家の新刊書店です。 pebbleとは、小石のこと。 書き手から読者へと流れる大きな川を転がりきれいに丸みをおびた小石のような、 いい本をたくさん集めたいと思っています。